大磯クリテリウム第2戦 エキスパート 
2019年11月17日(日
) レース

【レース結果】
順位:3位
距離:900m×20Laps
天候:晴れ、19℃
出走:21名
完走:13名

NP:274W
Av.Power:247W
TSS:43
MAX心拍:201bpm

【目標】
逃げ切り勝利にトライする

【作戦】
ラスト2周目から独走して逃げ切り

【レース前準備】
前回のレースの反省をしてスプリント・ダッシュ系の練習をやってきた。
しかし風邪でレース3日前になるまで1週間以上自転車に乗れず、正直調子が良いか分からない。

【レース内容】
前回の第1戦、失敗を恐れるあまり以前と同じようなレース運びをした挙句、何もトライできず何も出来ずにレースを終えたので今回は失敗してもいいから逃げ切り勝利を目指すことに。

今回とりあえずマークするのは
・ProjectYの高木君、練習仲間で一緒に練習していてその強さはよく知っている
・叡明の高校生、Twitterで見かけたことがあり強そうな気がする
・小形さん、チームメイトのスプリンター、スプリントになったら絶対勝ちそう
の3名。


レーススタートしてからは集団半ばに位置取り、叡明の高校生の動きをマーク。
誰もアタックせずに途中までは平和。
脚は余裕があるが、誰かがアタックして吸収されたタイミングのカウンターを狙っているので少し困る、第一スプリントになったら勝てるビジョンがない。

正直アタックするタイミングをどうするか迷ったが、ラスト2周で仕掛けようと決める。
しかしラスト2周に入るホームストレートでアタックの体勢を作った瞬間に、後方から飛び出す選手が出る。
すかさず飛び乗るが、集団を振り切れないと判断したのか第一コーナー手前でその選手がアタックをやめる。

それで一瞬集団が緩んだ気がしたので続くシケイン立ち上がりで前に飛び出すがあまり差がつかない。
小田原側最終コーナーの立ち上がりで再度踏み、一気にホームストレートの端の縁石の際まで寄って振り切る。
集団がお見合い状態になったらしく引き離せた。

最終ラップ、シケインを立ち上がって誰かが「3秒差!!」と教えてくれる。
弱虫ペダルで御堂筋君がレースで後続に4秒差をつけたときは「決定的な差」と言っていたが、確かに振り返ったら結構な差。
このまま勝てる気がした。

最終コーナーを立ち上がってチェッカーが見えた、あとちょっとで勝てる。
全開で踏んでゴールラインへ。
残り100だったか50mだったか、ふと横を見た瞬間他の選手が追い抜いていくのが見えた。
勝利が手から零れ落ちる感覚ってこういうときの感覚を言うんだなと。
そのままゴール。

 

【改善すべき点】
最後の最後、きついときにフォームが乱れて上体が起きて失速したこと。
パワーだけみたらずっと400Wは切らないでいたが、効率の悪い動きになっていた。

【感想】
結局負けはしたけど逃げにトライできたし良いレース内容だったと思う。
勝てなかった点だけが悔やまれる。

負けはしたが3位で表彰台&エリート昇格。
エリートに昇格できたのは嬉しい。

ケガを治して初めてレースに出た去年2月の横須賀ソレイユクリテのピュアビギナー、あのときはまさか一番上のクラスまで昇格できるとは思ってなかった。
サポートしていただいているウォークライドさんや練習仲間、応援してくれる自転車仲間には感謝してもしきれないです。

次は待ちに待ったエリート。
今までとはレベルが段違いでキツイとは思うけど、これがスタートライン。頑張ります。

Photo: 数馬さん・あさとっちさん

 

 

所属選手