大磯クリテリウム第1戦 エキスパート 
2019年10月27日(日
) レース

【レース結果】
順位:9位
距離:900m×20Laps
天候:晴れ
出走:16名
完走:13名

NP:276W
Av.Power:250W
TSS:45
MAX心拍:196bpm

 

【目標】
優勝

【作戦】
前方をキープ、最後はスプリント

【レース内容】
今年も始まった冬の名物、大磯クリテリウム。
第一戦は勝ってエリートに上がることが目標。

今回はチームメイトの齋藤さんと出走、スタート前にお互いの動き方を確認。
どちらかがアタックしたら片方は集団を抑えるような動きをするとか。

レーススタートしてから2周目、齋藤さんがアタックして集団を引き離す。
自分は集団前方でローテに加わらずに待機、3周ほどで吸収。

逃げの吸収でいったん落ち着いたが、中盤に1名が逃げる。
そのうち捕まるだろうと思ったが意外とタイム差が縮まらず、そのうちもう1名が飛び出してブリッジをかけて2人で逃げ始める。
ここで焦って前に出るが、自分のローテではペースを上がられずに余計にタイム差が広がる。

ここで個人的にマークしていたゲリラ豪雨の酒井選手がブリッヂをかけようとしているのかペースを上げてきた、逃がすとマズイと思い追いかけたら集団のペースが上がって逃げを吸収。
しかし脚がこの時点でなくなる。終盤にかけて再度逃げる選手が出るが、これも酒井選手が追いかけて吸収。これで酒井選手の脚もなくなったか?と思ったがラスト1周に酒井さんがやや集団を引き離しだす。
焦って自分が集団を引き連れて吸収。

最終コーナーの進入で番手は2番目、立ち上がりで一番前に出てしまう。
脚もないし番手も最悪、後ろから一斉にスプリントが始まった瞬間無理だと思って脚が止まった。
結果、9位。

【反省点】
自分ではそこまで前に出ていたつもりはなかったが、動画で後から見ると思った以上に先頭に出てしまっていて脚を少しずつ削ってしまっていた。
また、前方にいてばかりで集団後方の状況がよく見えていなかった。
この2点に関しては前シーズンの大磯クリテリウム最終戦でも反省点として挙げていたことでまた繰り返してしまった、改善出来ていなかったことが今回の最大の反省点だと思う。

フィジカル面では、アップが不十分だったことと10月は毎週レースで練習量が減ってしまい若干弱くなっていたことの二つが反省点。

【感想】
練習レースなのに何かにトライせず、以前良い結果が出たパターンに持ち込もうとした挙句失敗を繰り返してしまった。
練習としてレースを走るなら意義のある走り方をすべきだと思う。

終わったことは仕方ない、残り5戦は失敗する勇気を持ってトライしていこう。

Photo: 数馬さん・あさとっちさん

 

所属選手